7月-この季節に良い食べ物



土用の丑の日は

夏の時期に注目されやすいですが

年に4回あり、

立春、立夏、立秋、立冬の

直前の18日間のことを

土用とされます。

土用の時期は、

体調を崩しやすいため

「胃腸を休ませましょう」という意味で

生物、脂っこいものや冷たいものを避け

小食にすることや

豆類、穀物、芋類、カボチャなどの

自然の甘みが良いとされています。

胃腸を休ませるということは、

胃腸が他の臓器に

大きな栄養を与えているため

胃腸の動きが弱まると

体全体の不調に繋がるからです。

「う」のつく物を食べましょうというのも、

うなぎ、梅干し、瓜など

夏バテ予防や疲労回復等の効果があるものが

良いとされているからです。

今日もステキな1日を

愛を込めて

RiKA.

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示