12月-エネルギーを蓄え運を呼ぶ時-


12月は一年で最も昼間が短い

冬至を迎えます。



陰が極まり陽に戻る始まりの日。



たとえ悪いことが続いても、

新たな良い運を呼び込むことが出来るという意味から、

【一陽来復(いちようらいふく)】と言われています。



また、

「神の恵みにより生きる力をいただく」とも言われ、



良いことも悪いことも、

自分も相手も

「すべて魂の恵みになり生きる力になる」ということ。