邪気払いの夏越の大祓



田に水を引き、

稲を植え始める季節から

「水無月」とも呼ばれる6月。




旧暦の6月1日であり

新暦では7月1日は氷室の節句です。




氷室は

洞窟などで冬にできた天然の氷を

貯蔵しておく場所のことなんだとか。




庶民には

とても貴重だった氷ですが、


江戸時代の頃、

飛脚が京都から江戸まで走り

氷を将軍に献上する

習わしを氷室開きと言います。




将軍は暑気払いで

氷の上に小豆を乗せて楽しんでいたそうですが


庶民には貴重なものでしたので

白いういろうを

氷に見立てて

小豆を乗せて食べていたのが


のちに

「水無月」という和菓子となり

郷土料理として親しまれています。




夏越の大祓は

一年の折り返しである

6月30日に伝統行事として行われ


半年間の様々な穢れを祓い

浄めて健康長寿を願います。




罪や穢れとは、

心の汚れとも言い


やり残したことの後悔が

「積み」重なったものが「罪」



周りから受けたネガティブな影響を受けて

氣が枯れている「氣枯れ」の状態が「穢れ」




夏越の大祓では

こういった心の汚れを取り払う

心の大掃除をし


本来の自分に還るための行事。




水無月を

半年間の罪や穢れなどの

魔から守るようにと

祈りも込めていただきましょう。



今日もステキな1日を

愛を込めて


RiKA.


4回の閲覧0件のコメント