誰かの言葉よりも、自分のこころが気持ちの良い方を選んでみよう!




私は子どもの頃、

母親がきびしかったので

よく叱られ、よく泣く子でした。



反抗期には、

毎日のようにぶつかり合ったり


家に帰らなくなり

そのうち話すこともなくなり

冷戦状態にもなりました。



わがまま娘の私は、

大人になったら、きっと直る。



自分の性格も、母との関係も。。。



でも、二十歳を過ぎても私はわがままで

母との関係は悪いまま。



「大人になったら、きっと直る」



この言葉で、自分に向き合わずに

自分の欠点を見て見ぬふりして

人や環境のせいにしていた。



26歳のころ

大きな出来事のおかげで

自分と向き合わなくてはならない環境になり

はじめてやっと気づいた。



正確に言えば、当時の私は

ここまでならないと気づかない人間だった。



だけど、この気づきのおかげで

いまは、幸せに暮らすことができている。



気づかせてくれて、ありがとう。



自分の本当の心の声は、

自分にしかわからない。



違和感を感じたり

わからなくなったときは


誰かの言葉よりも

自分のこころが

気持ちの良い方を選んでみよう!



きっと道が明るくなるはずだから。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示