親が生きた通りになる



長男と長女は年子です。





バタバタすぎて

どう、赤ちゃん時代を育てたかも

覚えてないくらい

よく怒ってました。





それを改めようと

極端な私は、



子どもには、

自分らしく伸び伸び育ってほしい。

そう思って

怒らないように笑顔だけ見せて

頑張って子育てしていた時期があります。





子どもの前で、

笑顔以外の表情は見せてはいけないと

思ってました!





長男が3才の頃、頭を怪我し

4才で転園したあとも

ちょこちょこ怪我をしてました。





どうやら、お友達と喧嘩でやられたけど

先生に言わなかった。





なんで、嫌なこと嫌って言わないの?



「その子が怒られるから我慢する。」

息子の言葉でした。





少しして自分を見つめ直した時に

あ~( ノД`)…

私がやってることと同じだったんだって

気づいたのです。





伸び伸び育ってほしいと思いながら

私は、伸び伸びしてなかった。





本当はイライラしてたし

悲しかったり辛かったりもしてた。





でも、子どもの前では

出さないようにしてました。





息子の我慢グセに気づいたときに、

張り積めた感情の糸が切れたかのように

大泣きをしました。





今までの感情を出しきったくらい

泣いたあと、



夜中に起きた娘が

「どうしたの?」と来てくれました。





自然と娘に笑顔で

「ありがとう」って言ったあと、



ママだって人間なんだから

感情を自然に出してもいいよね!





そう思い

悲しかったり辛かったりも

子どもに話したり、

叱ったり怒ったりしたときに



今では

「もう、○○だから怒れちゃったよ」と

何に感情が出たのかも

伝えるようになりました。





悲しんじゃダメ

怒っちゃダメな時より

断然生きやすいし、



悲しんだり怒る回数も減りました。





子どもたちも、

感情表現を上手に出来るようになり、

かんしゃくも起こさなくなりました。





子どもに

こうなってほしいと

親の思うようにはならず、



親の生きた通りになる。



今日もステキな1日を

愛を込めて

RiKA.

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

 ©2018–2020  株式会社ワン・ストーリー|自分で人生をデザインする ライフデザインコーディネーター RiKA. 

  • Instagram
  • YouTubeの
  • ブロガー社会のアイコン
  • 768px-LINE_logo.svg