自分汚しを辞めれた魔法の言葉



私は、自分汚し星人でした。



というのも、

もっと美人でスタイルがよくなりたい。

もっと頭よくなりたい。

もっとお金が欲しい。





神社で

「可愛くなりますように」って

こどもの頃、真剣にお祈りしてました。





足りないから

自分磨きしなくちゃって

頑張るんです。





自分磨きしたら、

幸せになると思ってました。





自分磨きして頑張っても

なんだか満たされなくて



まだ、足りない。

まだ、足りない。



って頑張り続けていたのです。





すると、

今の自分ではダメという波動を発し

その波動にあった現実を引き寄せて

あー、もう、疲れちゃった...って

心が疲れ、



いつのまにか

自分磨きは

自分汚しになってしまっていたのです。





他人に「いいよ」って言ってもらい、

心が暖かくなり、



気づいたのは、

足りないのは自分を肯定すること

そのままの自分を愛することでした。





私がこれに気づき、

7年以上続けている習慣のひとつが



魔法の言葉「いいよ」





そのままで「いいよ」

自分の好きなもの選んで「いいよ」

出来なくて「いいよ」って

言ってあげること。





「ダメで足りない」に視点が行く習慣を

「いいよ」と受け入れ認める習慣へ。





自己肯定感マイナススタートの私が

セミナーや講座で人と話したり

Facebookで交流したり

アウトプット出来るようになったのも、



日常的に

魔法の言葉「いいよ」を積み重ねたから❤️





焦らなくていいよ、

少しずつでいいよ。





この言葉、今の自分にも言ってます🎵





試しに今日は

「いいよ」で過ごしてみて❤️



今日もステキな1日を

愛を込めて

RiKA.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示