自分の身体の声を聴く


いくら素晴らしい食材を使っても、


作る人のエネルギーが

疲れていたりして、落ちていたら


出来上がったお料理にも

エネルギーが入っていかない。



エネルギーを維持するためには、

身体と心の声を聴き、感じとること。



この感じる感覚が鈍感になってると、

疲れていても

心と身体を置いてきぼりにして

頑張りすぎちゃったりしちゃいます。



身体に優しいごはんを食べたり、

心落ち着かせる時間をつくったり、


自分を楽しませるときは、

思いっきり楽しむ。



ゆっくりお風呂に使って

心身緩めて、しっかり身体を休ませて

エネルギーチャージする^ ^



すると、

心も身体もあったかくなるから

お料理にもエネルギーがたっぷり入ります♡



今日もステキな1日を
愛を込めて

RiKA.

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示