自分の幸せは自分の中にある





あの人は人が集まっていいな。

この人はキラキラしていていいな。


って憧れて

気分が上がるならオッケーなんですが...



なんで私は出来ないんだろう?と

責めてしまっていたら


その情報とは

距離をおいた方がいいのです。



本当に必要な

情報ではないのかもしれない...



倖せは人それぞれ形が違うのだから


あの人が上手くいって倖せに感じても

自分の倖せと一緒とは限らないのです。



十人十色って言うくらいだから

倖せの感じ方はそれぞれの形でいいのです^ ^





閲覧数:0回0件のコメント