自分の人生に遠慮はいらない



誰かの顔色を伺って


強制力や、

義務感を使って、

行動するのをやめてしまうと、



何もしない、

怠け者になってしまうんじゃないかと

心配になっちゃったりする。




だけどね

そんなこと心配しなくても大丈夫。




もちろん、

心身が疲れ切ってる場合は、


一時的に

そういう時間を作るのは大事。




何かにコントロールされるかのように

「無理に自分を動かす」ことがなくなると、

「自然に自分が動く」ようになることに氣付く。




人は「やらなきゃいけないこと」を

やろうとすると重くなるけど



「やってもやらなくてもいいこと」を

やってる時って軽くなって

ワクワクしたりする。




それは

自然に身体が動いていくから^ ^




だから、思考を使って

事を起こそうとするのをやめて、


本音の魂のままに

自然に起きるのを待つ。




それは自分の人生に対して

消極的に、受け身で生きることではなくて、



内側から湧いてくるエネルギーには

躊躇する事もなく

スルスルって進んでいく、ということ。




リラックスしていて、

ゆるんでるんだけど、


ゆっくり遅いわけではなく、

力を入れて頑張っている時より

スムーズに動く。




責任感や義務感を持って動いたり

事を起こすって

何かやってるような安心感がするけど、


内側のエネルギーを止めず

力を抜いて動かされながら

自然と事が起きるのは、


何もやれてないような空白感が

ちょっと怖くて勇氣がいる。




ホントはゆとりっていう

スキマが欲しいのにね!




だけど怖くても

勇氣を出せたとき


本当に欲しかったコトや

本音に欲しかった繋がりが生まれてくる。




私も力を抜いていると、

ときには焦りや不安がやってくる。




そんなとき、

つい動きたくなる。




つい起こしたくなって

自分でも氣付かないうちに。


小さなストレスや

小さな我慢を抱え込んで、

自分を動かしていく。



すると、どこかで、

なんだかやる氣が出ない。




動きたくない日がやってきたり、


大したことはやってないのに

小さなことが積もって、

疲れがどっと出てくる日がある。




最初は怖いけど、

自分の人生に遠慮して終わるのは嫌だから、


誰かにコントロールされる事なく

自分が納得する人生を歩みたいですよね。



今日もステキな1日を

愛を込めて


RiKA.

86回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示