top of page

積み重ねたものを手放す勇気

写真は

アーユルヴェーダの先生宅で行った蒸留会♫



前回2回に分けて書いたブログの流れから


じゃあ、RiKAさんは

その流れに乗るとかめちゃくちゃ怖いとか言いながら

どんな選択の仕方してるの?ってところを参考になればと思って

今回は綴っていきますね


ちなみに


1回目はこういった地の時代的考えは

もう古くなってきて

生きづらさや行き詰まりを感じるよって話でした♪

↓↓↓



2回目は

 どんな選択をしていくといいかってこと

↓↓↓



 



まず、お気づきの方もいるかもれないですが

アメブロからこちらのブログに


引っ越しました!


なんでって


直感的に

引っ越したかったからです



実はアメブロは10年くらい書いていたのかな?

最初はミクシー

(懐かしいでしょ)

その後アメブロ開設したんだけど数年で

なぜかログインできなくなり新しく開設して10年くらい経ったアメブロ

なぜか今でも読者登録あるんですよ!!!


でも、それを手放して

再スタートをしといと思ってHPのブログで書いていくことにしました。



ビジネス的に見たら

はっきりいって損ですね!


もったいないですよね!!!


でも、

わたしはそうしたいと思って引っ越したんです♪


わたしの流れも

この2ヶ月くらいで大きく変わってきたのもあって

替え時だなって純粋に感じているのもあります。

(何が変わったのかは9月に公表予定です)


得する・損する

正しい・間違い

うまくいきそう・失敗しそう

安定してる・リターンが大きい

良い・悪い

好かれそう・嫌われそう



というような

自我による判断は停滞する。

を身をもって感じているからこそ



数字のことや結果にフォーカスしすぎて

自分の感覚からズレると

滞ってしまうのを身をもって感じて

結局しんどくなるのは自分だから


目に見える数字を見ていたら

明らかに無駄でも、

もったいなくても、

目に見える目先の得や

現状維持の安心を選ぶことで


自分の感覚が濁ったり、ココロに濁りやカラダに滞りを感じるのは

それはめちゃくちゃ大きなマイナスになる。



一見、目に見える世界では損でも

自分のココロやカラダの声や感覚が一致して喜ぶのなら、

エネルギーが上がるのもわかっているから


それは必ずのちに自分にとっての

大きなプラスになって返ってくることもわかっているんです。


 

目に見える現実を創るのは

目に見えないエネルギーが形になったものだから

(アインシュタインも方程式作ってた!!!)


目先の安心や、

ちっぽけな損得のために

生きてるわけじゃない。


もし、未来の調和や豊かさが

約束されているとしたら

今、何を選ぶ?


わたしは迷っている人にこう聞くよ

「どっちもうまくいくのならどちらを選ぶ?」って


そう思った時に

わたしはブログをリニューアルしようって

思ったんだよね。


自分にやってきたインスピレーションを

起きてきた流れを

心の声を

そして自分の人生を信頼する。

 

自我はザワザワとざわつくよ!


それでも

信頼して

今、この瞬間の心の安心と

喜びと共に生きること。


実は、個人セッション枠を増やしていくことを決めたのも

個を大切にしていきたいという思いを大切にしたい

という起業した頃からのこだわりを


お金ではなく

(セミナーの本数をお同じ時間たくさんやったほうが

が一気にたくさんのお金は入ってくるけど)


直感的に大切にしたかったことが

一人一人との関わりだったから



どれだけ合理的なうまくいく方法、

正しい成功法を選んでいても、

 

それを選ぶ自分の心が喜んでいないのなら

エネルギーが上がるはずはないから

ココロもカラダも疲弊しちゃうよね。


そのエネルギーでは

 

自分にとっての幸せは

やってこないんだ。


理由も選択もなんでもいいけど、

 

その理由で選ぶその選択が、

 

 

私の感覚を

喜ばせているか?

 

えー、それを選ぶってなんか怖いって聞こえてきそう!!!

最初慣れないうちは

それはめちゃくちゃ怖いことだけどね〜〜〜。



でもしっかりベースとなる自分の土台のエネルギーが溢れてきたら

しっかりと、本当に大切なことなら、

放っておいても体が動いてきていろんな現象が起きてくるから。


わたしは周りを見ていても

これをしっかりできている人は

幸せな成功の仕方をしているし

その人の周りの人も幸せそうにしているんだよね♪


LINEの方にいくつか質問が来ていたので

それについても関連してくること書いていきますね♪

Comments


bottom of page