祈りの奇跡




「祈り」自体が

奇跡を起こすエネルギーなのです。



言葉や科学では表せない

効果の報告もいただいています。



私の中で祈りって


「自分の今、目の前の事に心を込めて行うこと」だと

思っています。



おにぎりを作るとき。

お料理を作るとき。

仲間を応援するとき。

お掃除するとき。

病気が早く治るように。

仕事に取り組むとき。


「大切な自分や誰かを想い祈る」って

身近な事なのです。



あなたも大切な人を

想い浮かべながら


「祈り」を実践してみてくださいね^ ^



古い記事ですが

2005年の鈴木秀子さんの言葉で

祈りの研究について書かれていました。



『ある時、私のいた教会に、

大学病院に入院する

重度のガン患者40名ほどの

名前が配られていたんです。


この人のために

毎日祈ってくれって言われて、

祈り続けました。



半年後、

病院内で、同じレベルの症状の患者さんは

75%がなくなっていたけど、


祈られていた患者さんたちは

どんどん回復して、

亡くなったのはたった4人。


彼らには毎日

「教会で毎日あなたのために祈っていますよ」と

伝えていたそうです。


信仰ある人にとって

祈りがいかに力を与えるか。


人間の力を越える何かが

自分を支え守っていてくれる


「だから大丈夫、安心だ」と確信を持った時、

人は生き延びて行くんだなって思ったんです』




祈りは純粋な美しいエネルギー



見えないエネルギーを信じ祈ることが

時空を越え人々へ


生き延びる力を与えているのを感じました。



あなたは、

このメッセージをどう感じましたか?





閲覧数:0回0件のコメント