目につくものや耳につくものが赦せなくなった時


私たちは、フッとした時に


自分の心をチクチクと

責めていることがあります。



「この流れになってしまったのは

私が悪かったのかもしれない…」



「あの人がああなったのは、

私の言った

あのことが原因かもしれない…」