損して徳取る?




先日、子どもを送ったあと

お寺と神社に行ったの。



そのあとお蕎麦をいただいていた

お店のおばちゃんが

ミカン自慢をし始めて

ミカン愛を伝えてくれたの〜。



でね、

試食したらめちゃ美味しくて


和歌山ブランドのミカンを買ったんです!

しかも、おまけしてくれて^ ^



お会計済ませて

車に乗って次の目的地へ…向かっていたら…


あれ?

私1000円余分に払ってる!



おばちゃんの暗算間違ってる…

おまけというより

高くなってる…笑



しばらく

私の計算ミスではないか

計算していたのですが、


一瞬、損したって気持ちが現れたの。



以前の私ならこれで終わっていたけど。


ミカン買う前に神社で手を合わせて

「私に必要な気づきを教えてください」って

伝えていたのを思い出して


1000円をどう考えるかって思った瞬間、


なぜ、おばちゃんから買ったのかを

思い出したの!



それが

おばちゃんの商品への愛だった。



あとね、

1歳8ヶ月の孫が

皮が薄いから喜んで食べるって聞いていたのを

思い出したの。



そしたら

1000円に対して執着も消えて

余分に払っても気にならなくなった!



家族経営っぽいお店で

ミカンを大事にしていたの。



私が買ったのは木についたままのミカン。



今後ブランドになる歴史あるミカンが

ずっと続いたらいいなと思ったし


私が払ったお金が

おばちゃんが喜んで話すお孫ちゃんへ

何か買ってあげるお金になるかもしれないって思ったら

なんか嬉しくなって^ ^



あのおばちゃんなら

後から気づくかもしれない!



だけど、

そのお金をきっと生き金に使ってくれるし


私もおばちゃんから

ミカン愛と同時に

営業トークの上手さを学んだんだよね。



結果、

こうやって以前と

考え方が変わっていたのにも気付けたし、


むしろ、

たくさんいただいていたかもって思ったのです。



「陰徳は誰にも話さないこと」だと思うから

これは陰徳じゃないな笑




閲覧数:0回0件のコメント