幸せに向かい運命がひらくとき



「幸せ」って、

どこか遠くにあるものではなく


今いる場所にこそ

見出していくもの。




今いる場所から世界を

どのように見つめているか、


どのように、

周囲のひとつひとつや

ひとりひとりと


どれだけ丁寧に

向きあっているかが、


「幸せ」を

実現させていくのです♪




何ひとつ

無駄も無意味もなく、


自然のちからが

「必要」と見定めたことのなかを、


私たちは

生きているということ。




大自然のなかで生かされている

小さな命が、


自分自身なのだということ。




必要でないと思っても、

必要なことがあり。 




いらないと思っても、 

役に立つものがある。 




嫌だなあと思っても、

成長させてくれるものがある。




実は、

そういったステキなコトたちに

囲まれているのが、

今の日常なのかな...




そのことに気づいて、

もう何ものも否定せず、


目の前の現実と

しっかり向きあい続けていくことが

幸せに生きていくことだと思う。




自分が今いる場所、


そこで出会う

さまざまな出来事や人...




そのすべてを否定せずに

すべてを受け入れ、


その「必要性」を認めること、


抱きしめ肯定していくこと、


否定しないで

受け入れて肯定すること、が


ゆるすことだと思うんです。




ゆるすことは

責めるよりも

難しいかもしれません。




受け入れることは、

拒絶するよりも


肯定することは、

否定するよりも

難しいかもしれません。




それでも、


ちょっとずつ

ちょっとずつ

練習をしたら、




泣いているだけだった赤ちゃんが

寝返りし、

座れるようになり、

ハイハイし

歩けるようになったときのように


運命を自分でひらき、


自然の流れで

幸せへと歩んでいけると

私は信じています♪



今日もステキな1日を

愛を込めて


RiKA.

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示