失敗してもいいんだよ


私は子どもの前で

いっぱい失敗します!





包丁で指を切ったり...



ごみ袋に穴が開いてるの気づかずに

廊下から外まで床を汚したり...



電車までもうダッシュして

間に合わなかったり...



運動会のリレーで全力で走って

全力で転んだり...





子どもの前でも真剣に取り組んで

真剣に失敗しているのです。





言葉で通じないものを

飾らずにそのまま伝えたい。



私の母は自分でも言っているほど

完璧主義。





私の「出来ない」に

イライラしていたようでした。





何でもできる母に

プレッシャーを感じていましたが、



今は礼儀や大事なことを教わって

感謝もしてます。





以前の私は

「完璧にこなす」事を重視して

何でも上手くやろうとしてました。





出来ないなら

人の何倍も努力して。





すると



「何でそんなこと出来ないの?」

「努力が足りないんじゃない?」って



自分を追い込み、自己否定。





あ~、もう、私って何にもできないやつ...

生きてる価値がないんじゃないか...って



自己価値を下げまくってました。





当時、

ヨチヨチだった子どもを見て

何でも興味持って挑戦してる。





あっ、私も、忘れていた心だ。





そのままでいいんだ!



そう気づかされました。





私が無理してがんばれば、



子どもたちは、

大人は無理して頑張らないといけないって



大人になる未来が

楽しくなくなるんだろうな。





忘れていた心を思い出し



私も、子どもも

一人の人として

一緒に成長しながら過ごしたい。



だから私は、

失敗も平気で見せるし

挑戦もし続けるのです。





私が失敗を見せることで



失敗してもいいんだって

感じてもらいたい。





いつまでも、

自分の可能性に

挑戦し続けてもらいたい。





だから、

私が言葉では伝わらないことも

背中で伝えます。



今日もステキな1日を

愛を込めて


RiKA.

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示