千歳飴は使命のようなもの



11月は15日は、

子どもの成長を祝う七五三シーズンですね。


古来は、幼いころに亡くなる子どもたちも多く

7歳を無事迎えられるのは

とてもおめでたいことでした。



早くから神様のもとへ戻らないよう

3歳、5歳、7歳の節目に厄払いをします。



この時に欠かせないのが千歳飴。



今まで守られてきた環境からの

自立を決意するしるしとして千歳飴を食べます。



地域によってはご近所に

千歳飴を配る風習も残っているようですね。



いつも見守ってくださっている

ご近所さんや神様へ感謝の意味と


これからもよろしくお願いしますの

意味が込められています。



また、千歳飴の柄はどこを切っても同じ柄。



それは生涯を通して貫いていったときに

使命は見えてくるもの。


人生のどのシーンにも

そのヒントが隠されているのです。



千歳飴のように、

人生のどのシーンも切り取っても使命という柄が

見えてくるのかもしれないですね♪


今日もステキな1日を

愛を込めて


RiKA.


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示