勇気を出して手放してみよう


先日、ある方と話していたときに

「理想の生活」という話題になりました。



その方の理想の生活は、

「愛する妻と子どもたちを幸せにして

好きなときに好きな所に行き

欲しいときに欲しいものを手に入れる」

とおっしゃってましたが



私のなかで違和感があり

「ホントにそうなりたいの?」

と彼に問いかけると



「はい」と答えました。





私には、

彼の本音ではないと感じたのです。





何が言いたいのかと言いますと



スタートが【不完全】から

始まってると感じたのです。





では、どうしたら

『本音』に気づけるのでしょうか?





それは、

「すでに叶っている自分」の視点から

見ていくのです。





そうすると、

違ったところから答えが出てきて



「本当に手に入れたいもの」が

わかるのです。





彼の場合は

「妻も子どももすでに幸せと気づく」



「なにかをやめて、

行きたいところに行く時間を手に入れる」



→それを手に入れた後の



「自分でも行けたという満足感」

手放すものは「出来ない不足感」



欲しいものを欲しい時に手に入れる。





ものの場合、具体的に物を表す。



→それを手に入れた後

「自慢したくなる高揚感」

「認められたい、目立ちたい」



手放すものは

「自分が承認されていない感」など。





「本当に手に入れたいものを

手に入れた自分」になりきって

聞いてみるんです。



--------



私の場合は

「痩せたい」って思ったときも

痩せることが目的ではなく

「可愛い服をキレイに着こなしたい」



そうすると何が手に入る?





「女性としての自信」が

私の本当の目的だったとか



「稼ぎたい」も目的でなく

「値段を見ずに買い物したい」



それが手に入ると

「安心する」





男性ですと

「モテたい」とかだったりします。





「本当に手に入れたいモノ」がわかったら

手に入れる代わりに

手放すものを決めます。





手放した分量と

同じ量のモノがやって来ます。





痩せたいは「自信のなさ」を手放し

稼ぎたいは「不安」を手放す。





そして

なりたい感情に浸ることこそ

本当に手に入れたいものを

手に入れるコツです!




今日もステキな1日を

愛を込めて


RiKA.

5回の閲覧0件のコメント

 ©2018–2020  株式会社ワン・ストーリー|自分で人生をデザインする ライフデザインコーディネーター RiKA. 

  • Instagram
  • YouTubeの
  • ブロガー社会のアイコン
  • 768px-LINE_logo.svg