top of page

今更聞けない…「風の時代」って?

写真は

先日主人と出かけた帰りに撮った琵琶湖です^ ^


以前「心のおそうじ」の講座を受けてくださり


継続個人セッションに来てくださったお客様から


今更ですが・・・

風の時代ってどういう時代なんですか?


そうだよねー!!!


3年くらい前から

地の時代から風の時代って言われているけど

実際


風の時代って何??て

なりすよね笑


私もスピリチュアルが専門というより

見えない世界と見える世界を繋ぐという感覚であり

地に足のついた日常的に自分の人生を生きるためのサポートを

ココロとカラダを通じてサポートしている中の一環で

生まれつきの見えない存在との会話が必要な場合に

お伝えしているくらいですので


そこについて深く研究しているわけではないですが!!!


社会の流れも

ビジネス的な流れも

色んな意味で変化して生きているのは


みなさん感覚的にあると思うんです。


その中で

私が感じてきたことを

描かせていただきますね!


地の時代も風の時代もどっちが

いいとか悪いとかはないと思うんです


でもやっぱり時代の流れに逆らうと

うまくいかないというのか・・・

 

「地の時代の常識」を大事にしていると

どんどん生きにくくなり


ぶっちゃけ、これまでは

うまく行ってたのになんか行き詰まってきている・・・


という感覚です。


 

 

例えば、


・生活のためには「やりたくない仕事」を

しなければいけないという考え方

(さらにはそれを人に押し付けマウントをとるような体育会系な感じ)

・・・令和というより平成でもなく昭和っぽい・・笑

 

・目に見える「お金」「実績」「肩書き」ばかりを重視する考え


・自分の心や身体の声や感覚よりも「こうした方がいい」

「こうした方が結果が出る」という選択基準

 

 

・周りの成功事例、誰かの成功法を見て

それをそのまま真似して誰かになろうとしてしまうこと

(さらにそれで自分の大事にしたい事がわからなくなってしまったり・・・)

 

・周りの調和や目の前の人のために

自分を後回しにしたり自己犠牲にする考え方

 

・「今の喜び」を将来の夢のためなんだ!と犠牲にする行動

 

・「愛されていない」「お金がない」という前提で行うあらゆる選択、行動


・心地よさよりも結果や成果を優先した選択、行動


・誰かにいいと言われて自分に合わないやり方をコツコツとずっと続けること

 

 

などなど

 

以前はこういう考えが良いとされてきたけど

「風の時代」と言われる今する選択として

はどんどん行き詰まってしまいます・・・

 

 

ちょっと冷静に考えてみると

きっと皆さんの選択も

 

実績や肩書き、プロフィールも

それほど気にしてなかったり


 

どれだけ実績があろうが、

お金を持っていようが、

空気感や関わってみて微妙だったり、

ピンと来なかったらそれまでになったり

 

地の時代は

誰かが成功した方法を学んで、

結果を出すための方法を選んで、

それを自分に合う合わない関係なく

真似をしてコツコツ積み重ねて、

ってやってた時代だったけど、

 

今は、自分に合わないやり方やスタイルは

うまくいかなくなってきた時代。

 

自分の心を置いてきぼりにして

自分らしさ無くしては

うまくいかないのです。

 

 なぜかというと

ずっと「今」を犠牲にし続ける

毎日が続いていくからなんです。


自分の本音は見てみぬふりをしてしまって

今の幸せを忘れて

未来に思考が入ってしまい

目の前の大切にしたい

家族や子どもとの時間

お客様や大切な人との時間

そのことに目を向けられないのは

心を孤独にしてしまうから・・・


心のおそうじでもそのことをお伝えしていました。


なので

今回、質問してくださった方は

納得してくだいました。


・・・わたしの話を理解してくださり感謝・・・


じゃあどおしたらいいの??ってところですが!


長くなったので

続きはこちら💁‍♀️

Comments


bottom of page