ただ、聞いて欲しいだけなのに...




女の人はおしゃべりが大好きです。



そして、

男の人と話しているときに

時々思うことがあります。


それは、

男の人は正解や解決策を出そうとする。

(すべての男性ではないですが、

そんな傾向があるような気がして)



案外、話している女の人は

正解も解決策も


わかっていることが

多いんじゃないかなって感じます。



ただ、聞いてほしいだけなんです。



「そうだね」って

共感してほしいだけなんです。



話をする目的が違うんだなーと感じました。



女の人は、

気持ちを十分に聞いてわかってほしいのに


男の人は、

正解や解決策を出そうとするもんだから


「ちゃんとはなしをきいてよー」ってなっちゃう。



そんな時に

「でもさー」って

男の人が言うもんだから

なんだか、否定された感じになって!!



「もういい!!」ってなったりしちゃう。



男の人的には

一生懸命なのはわかるんだけど

すれちがっちゃう感じ。



夫婦間でもよくある話ですよね!

我が家もあります。



我が家の場合は、

「もういい!」ってなる前に、


「そうやってすぐ、結果ばかり。」と

私が言ってしまうのですが(笑)


(毎回そうではなく、

ちゃんと、話を聞いてくれることもありますよ)



逆を言えば、

男の人には長々と話すより、

用件だけを伝えた方が納得が早いように感じます!



子どもに関しても同じです。



ただ、聞いてほしくて話しているのに

こちらが、正しいことばかり言うと、

「もう、わかってるって」って

子どもは返事をして話をやめちゃうこともあります。



こちらは話を聞いているのに

「だってママ聞いてくれないんだもん」って

話を聞いていても共感されないと、


聞いてもらったって感じには

ならないのかもしれませんね。



この男女の違いを

少しでも意識したら

コミュニケーションが

スムーズにいくと思いますよ♪




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示